FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXのダブルトップとヘッドアンドショルダーの意味と手法

      2018/07/29

FXでは、「ダブルトップ」と呼ばれるチャートパターンがあります。

この記事ではFXの「ダブルトップ」について記載しておりますので、参考にしてください。

FXのダブルトップについて

FXでは「ダブルトップ」と呼ばれるチャートパターンが現れることがあります。

ダブルトップは、エントリーポイントを見極める重要なパターンです。

ダブルトップにつきましては、下記の項目で説明致します。

ダブルトップの意味

FX相場は、チャートにパターンが現れることがあります。

その中に「ダブルトップ(二重天井・毛抜き天井)」と呼ばれるものがあり、重要なサインとなります。

「ダブルトップ」は、上昇トレンドの高値圏(天井圏)に現れるチャートパターンで、反転パターンとされます。

ダブルトップはダブルボトムと反対のパターンで、上昇トレンド終了のサインとなります。
(お手数をお掛け致しますが、ダブルボトムにつきましては「FXのダブルボトムとヘッドアンドショルダーボトムとは?意味や手法について解説」の記事をご覧ください)

下記の3種類がダブルトップの例です。

【高値を切り下げるダブルトップ】

【きれいなM字のダブルトップ】

【高値を切り上げるダブルトップ】


上記のように「M」の形に似たパターンであり、「きれいなM字」とならないこともあります。

天井となる高値が2つあるという点は共通ですが、それが必ず同じ価格帯とは限りません。

また、「トリプルトップ(三尊天井)」と呼ばれるパターンもあり、意味はダブルトップと同様です。


ダブルトップにもう一つの山ができたものがトリプルトップで、強いトレンド転換のサインとされます。

天井となる高値が3つあるという点が、ダブルトップとは異なります。

見方はダブルトップと同様です。

ダブルトップが完成した際の相場

ダブルトップが完成した際には、上昇トレンド終了のサインとなります。

ダブルトップには、パターン完成の基準があります。

ダブルトップが完成するパターンは、天井となる2つめの高値の後にFXチャートが下降していき、ネックラインを下抜けた場合です。

ネックラインは天井を形成した後の安値を結んだラインです。


上図ので2つ目の天井からネックラインを下抜けましたので、ダブルトップが完成したことになります。

ダブルトップのパターン形成が完成しましたら、相場は下降トレンドの方向へと向かう可能性が高くなります。

下図のように、ネックラインがサポートラインからレジスタンスラインに転換する動きになる場合があります。


Aの地点(1つ目の天井)まで上昇し、一度下降してB地点(ネックライン)まで価格が下に移動します。

その後改めて上昇してC地点(2つ目の天井)に達し、今度は大きく下降してD地点を抜けてE地点まで下がり、ネックライン割れを起こします。

もう一度Eの地点から上昇しても、F地点(ネックライン)で上昇が終わった場合、サポートラインでもあったネックラインは、レジスタンスラインに変わります。

サポートがレジスタンスに転換しますので、「サポレジ転換」となります。

トレンド転換の指標にもなりますので、出現時には転換に備える必要があります。

確実なトレンド転換という訳ではありませんが、チャート分析をする際には大きく貢献してくれます。

トレンドの転換を見極めるのは重要ですので、ダブルトップが出現したら注意しなくてはいけません。

FXのヘッドアンドショルダーについて

FXでは他にも意識が必要なチャートパターンがあります。

それは「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれるFXチャートパターンで、こちらも出現したら逆方向に相場が変動する可能性があります。

まず、ヘッドアンドショルダーとはどういった状態なのかご説明致しますので、参考にしてください。

ヘッドアンドショルダーとは

FXトレードでは、トレンド終了や転換を示唆するチャートパターンが幾つも存在します。

「ダブルトップ」がそのチャートパターンに該当しますが、他にも「ヘッドアンドショルダー(三尊)」と呼ばれるパターンが存在します。

「ヘッドアンドショルダー」とは、ダブルトップと同様に上昇トレンドの高値圏(天井圏)に現れるチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダーが出現しますと、トレンド転換となる可能性が高く、上昇トレンドの終了を示唆します。

ヘッドアンドショルダーはヘッドアンドショルダーボトムと反対のパターンで、出現時には注意が必要です。
(お手数をお掛け致しますが、ヘッドアンドショルダーボトムにつきましては、「FXのダブルボトムとヘッドアンドショルダーボトムとは?意味や手法について解説」の記事をご覧ください)


上図のように人間の形に似ていることから、「ヘッド(頭)」、「肩(ショルダー)」という名前がついております。

ダブルトップとは異なり、山が3つあるような形が特徴で、左右にある2つの肩よりも中心の頭が高値になります。

ヘッドアンドショルダーは、3度高値更新をチャレンジしても更新できなかった状態です。

この状態はダブルトップよりも天井圏である可能性が高く、より信頼性の高い形といえます。

ヘッドアンドショルダーが完成した際の相場

ヘッドアンドショルダーが完成しますと、上昇トレンドの終了を示します。

ヘッドアンドショルダーにも、ダブルトップと同様にパターン完成の基準があります。

ヘッドアンドショルダーが完成するパターンは、FXチャートが3つ目の山(右の肩)を形成した後に下降していき、ネックラインを下抜けた場合です。

ネックラインは肩と頭を形成した後の安値を結んだラインです。


上図のでネックラインを下抜けましたので、ヘッドアンドショルダーが完成したことになります。

ヘッドアンドショルダーのパターン形成が完成しましたら、上昇トレンド終了を示し、その後の相場が下降トレンドへと向かう可能性が高いです。

下図のように、ネックラインがサポートラインからレジスタンスラインに転換する動きになる場合があります。


Aの地点(1つ目のショルダー(肩))まで上昇し、下降してB地点(ネックライン)まで価格が下に移動します。

その後改めて上昇してC地点(ヘッド(頭))に達し、また下降してD地点(ネックライン)まで価格が下に移動します。

その後また改めて上昇してE地点(2つ目のショルダー(肩))に達し、今度は大きく下降してF地点を抜けてG地点まで下がり、ネックライン割れを起こします。

もう一度Gの地点から上昇しても、H地点(ネックライン)で上昇が終わった場合、サポートラインでもあったネックラインは、レジスタンスラインに変わります。

サポートがレジスタンスに転換しますので、「サポレジ転換」となります。

トレンド転換の目安となりますので、ポジションの調整が必要です。

トレンド転換しない場合もありますので注意が必要ですが、チャート分析時に1つの指標となります。

チャートパターンを意識した手法

ダブルトップなどが出現した場合、後の値動きを予想しやすいです。

値動きが予想しやすいポイントは、絶好のエントリータイミングとなります。

この項目ではダブルトップなどを活用した手法についてご説明致します。

ネックラインでエントリーする手法

ダブルトップが出現した際には相場を予測しやすいため、エントリーポイントとするトレーダーの方も多いです。

ダブルトップのエントリータイミングは主に2つあり、1つ目はパターンが完成した地点(ネックラインにチャートが接した付近)です。

利益確定につきましては、天井とネックラインの幅と同じくらいの値幅が有力です。


ダブルトップが完成した地点付近(上図の「注」ポイント)がエントリーポイントとなり、更に同じ値幅分の利益が出た地点付近(上図の「決」ポイント)が決済ポイントです。

ヘッドアンドショルダーも同様で、パターン完成の地点でエントリーし、同程度の値幅の地点が決済ラインとなります。


なお、予想に反してレートが動いた場合は損切りが必要です。

パターン形成後にダブルトップやヘッドアンドショルダーの天井をチャートが上抜けるようであれば、損切りを考える必要があります(上図では1番上の赤いラインです)。

ご自身の状況に合わせて損切りルールを設定する必要があり、損失が拡大しないようにご注意ください。

また、トレンド転換を見極めるのであれば、ローソク足の設定も重要になってきます。

長期的なトレンドでのトレードをお考えの場合、1時間足のように短期間では細かな変動でダブルトップを形成することがありますので、日足のほうが信頼性を高められます。

サポレジ転換でエントリーする手法

ダブルトップのもう1つのエントリー手法についてご説明致します。

前項目のトレード手法では、チャートがダブルトップを形成した地点(ネックライン付近)がエントリーポイントでした。

ダブルトップにはもう1つエントリーポイントが存在し、チャートが形を作った後に、ネックラインがサポートラインからレジスタンスラインに変わった地点がそれに該当します。

利益確定につきましては、前項目と同様で天井とネックラインの幅と同じくらいの値幅が有力です。


上図の場合、チャートがダブルトップを形成した後に一度上昇をしますが、ネックラインで跳ね返されております。
(D地点を下抜けたら、ダブルトップが完成した状態です)

ネックラインはB地点ではサポートラインですが、F地点ではレジスタンスラインに変わります。

サポレジ転換しておりますので、F地点がエントリーポイントで、決算ラインはG地点となります。

ヘッドアンドショルダーも同様で、サポレジ転換点でエントリーし、同程度の値幅で決済します。


損切りは調整が必要ですが、前項目の手法と同様で、パターン形成後にダブルトップやヘッドアンドショルダーの天井よりもレートが上に変動した際が目安です(上図では1番上の赤いラインです)。

ローソク足の設定につきましても、短期間よりも長期間のほうが長期的なトレンドの見極めに向いております。

スキャルピング手法

ダブルトップなどは、日足などの長期で見るほうが長期トレンドの転換点を見極めやすいです。

しかし、日足ではダブルトップの形成に数週間から数ヶ月かかるというデメリットも存在します。

より小さな値幅を狙う場合などは、日足よりも小さな時間足を設定するほうが、より多くのダブルトップやヘッドアンドショルダーを狙って取引できます。

FXでは大きな時間足のチャートの一部を拡大すると、同じような値動きやチャートパターンが出現するという特徴があり、これを「フラクタル構造」といいます。

日足で下図のようなダブルトップが出現し、の部分を1時間足に拡大した場合、チャートが似た形になる可能性が高いです。
(下図は上が日足のチャートで、下が日足のの部分を拡大した1時間足のチャートです)


長期的には上昇トレンドが続くにしても、短期的にはダブルトップが出現して小さく方向が変わる可能性があり、そこを狙っていきます。

1分足などを活用する場合もあり、小さな値幅をスキャルピングしていきます。

ヘッドアンドショルダーにも同様のことがいえ、上昇トレンドの中に小さなヘッドアンドショルダーが出現していることもあります。

まとめ

FXにはダブルトップと呼ばれるチャートパターンがあります。

「M字」のように動いたチャートがダブルトップであり、出現した際には上昇トレンド終了を示唆します。

トレンド転換する可能性もあり、重要チャートパターンです。

同じようなサインとして機能するチャートパターンに「トリプルトップ」や「ヘッドアンドショルダー」があり、いずれも出現時には注意しなくてはいけません。

各パターンの完成は、山を数個作った後にチャートがネックラインを下抜けた場合です。

ダブルトップなどを目安として取引する手法も存在し、エントリーや決済のポイントの判断に役立ちます。

パターン完成時のネックライン付近を狙うのか、サポレジ転換を見届けてからエントリーするのかはトレーダーの方次第です。

信頼性が高いのは、サポレジ転換を確認してからエントリーする場合です。

また、小さな時間足を設定することで、より多くのダブルトップなどが出現します。

長期的に見れば上昇トレンドの最中であることが多いですが、スキャルピングをする際の判断基準となります。

小さな値幅を狙いますので、日足などで出現した場合よりも利益は少ないことが殆どですが、取引機会は増えます。

 - FXのチャートパターンと手法