FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXでファンダメンタルズ分析は必要?勉強方法や重要指標も解説

   

FXで為替相場を分析する方法には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。

この記事では、FX取引時のファンダメンタルズ分析についてご説明致します。

ファンダメンタルズとは

FX取引では、ドル円やユーロ円など、様々な通貨で取引ができます。

どの通貨で取引を行う際にも、必ず必要となるのが為替相場の予想です。

現在成功しているFXトレーダーの方の殆どは、為替の相場分析を行っております。

為替の相場分析を行う際に必要となるのが、「ファンダメンタルズ」です。

ファンダメンタルズとは、日本語で「経済の基礎的条件」と訳され、国や企業などの経済状態などを表す指標を指します。

例えば、
「経済成長率(GDP)」
「失業率・新規雇用者数などの雇用系指標」
「CPI・PPIなど物価指数」
「経常収支・貿易収支などの国際収支」
などがファンダメンタルズと呼ばれる経済指標の例です。

ファンダメンタルズは各国の経済指標であるため、為替などの相場を動かす要因となるケースが多くあります。

ファンダメンタルズ分析の説明

各国の経済指標や重要ニュースなどのファンダメンタルズを分析して為替相場の予想をすることを「ファンダメンタルズ分析」と言います。

ファンダメンタルズ分析によってトレードを行うトレーダーは、「ファンダメンタルズトレーダー」と呼ばれます。

トレーダーの方がドル円で取引を行っている場合、アメリカと日本のファンダメンタルズを分析していく必要があります。

分析の結果、「日本の経済傾向が悪く、アメリカの経済傾向が良好」となった際に、日本円がアメリカドルに対して買われ過ぎていると分かったとします。

この場合、将来的に円が売られてドルが買われる可能性があると予想でき、「日本円売り、アメリカドル買い」で取引を行う流れとなります。

このように2ヶ国のファンダメンタルズの格差から、将来の為替の分析を行うというのが、ファンダメンタルズ分析の主な考え方です。

ファンダメンタルズ分析の注意点

先ほど、ファンダメンタルズ分析は、2ヶ国のファンダメンタルズの格差から、為替の分析を行うというのが主な考え方であると記載をしました。

しかし、実際には他の複雑な要因なども盛り込んで分析が行われる場合もあります。

ファンダメンタルズ分析で大切なのは、市場がどのファンダメンタルズに注目をしているかです。

いくら良い経済指標が出ても、その国に大きな影響のある市場でなくては、相場への影響は薄くなってしまいます。

市場の関心がどこにあるかを知るためには、相場の市況コメントを調査していくのが効果的です。

相場に影響がある市場の市況コメントは、繰り返し多くの方が話題として取り上げますので、毎日確認を行いますと市場の空気が分かるようになってきます。

市況コメントは、ロイターやブルームバーグなどから確認できます。

テクニカル分析との関係性と違い

ファンダメンタルズ分析と対照的な分析方法に「テクニカル分析」があります。

ファンダメンタルズ分析では、世界各国のファンダメンタルズから為替相場を分析します。

それに対して、テクニカル分析では、チャートや過去の為替の値動きなどから為替相場を分析します。

チャートに対してテクニカル指標を用いて分析を行うため、世界各国の経済ニュースなどには目を向けません。

分析方法の相違から、
テクニカル分析は短期トレンド
ファンダメンタルズ分析は中長期トレンド
を分析する際に用いられるのが一般的です。

このような違いから、双方をバランスよく使い、相場分析を行うのが効果的だとされております。

ファンダメンタルズ分析は不要?

ファンダメンタルズ分析では、最新の経済指標などの収集に対して時間が掛かってしまうのが一般的です。

情報の入手が遅れてしまうと、取引に着手する前に、先に相場が動き出してしまいます。

また、ファンダメンタルズ分析を行った結果に基づいて売ポジションや買ポジションを保有しても、すぐにその通りに相場が動かない場合もあります。

そのような背景から、ファンダメンタルズ分析は不要だというトレーダーの方もいらっしゃいます。

実際に、テクニカル分析のみで為替相場の分析を行うFXトレーダーの方も存在します。

しかし、ファンダメンタルズが
良好の通貨は価値が上がり、
悪い通貨は価値が下がり、
ファンダメンタルズと相反する動きの通貨は、将来的に相場が分析通りに修正されるケースが多いのも事実です。

その影響もあり、一般的にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を併用するのが効果的な相場分析だとされております。

ファンダメンタルズ分析の勉強方法

FX初心者の方は、ファンダメンタルズ分析のやり方が分からないという場合もあります。

そのような際には、事前にファンダメンタルズ分析のやり方を勉強しておかなくてはなりません。

この項目では、ファンダメンタルズ分析を勉強する方法についてご説明致します。

ファンダメンタルズ分析を学べる本

ファンダメンタルズ分析は、インターネット上のサイトやプロの方の講義など、様々なものから学べます。

じっくりとファンダメンタルズ分析を学んでいきたいという方は、専門の本で勉強するというのも手です。

ファンダメンタルズ分析を解説している本は、書店やネットショップなどで購入できます。

初心者向けの内容から上級者向けの内容まで数多くの書籍がありますので、自分のレベルに合わせて購入するのが効果的です。

最初は初心者向けの内容の本を買い、徐々に内容が難しい本を揃えていくようにしますと、内容に付いていきやすくなります。

分析の際に重要な経済指標

FX初心者の方がファンダメンタルズ分析を行う場合、世界のどのような指標を確認すれば良いのか分からない場合も少なくありません。

実際、経済を表す指標には様々な種類があり、全てを確認してからでは相場の変動前に取引を行えない可能性もあります。

取引する通貨ペアにもよりますが、アメリカの経済指標などは世界経済に影響を及ぼすケースも多いです。

そのような経済指標発表は、多くのトレーダーの方が意識をしますので、その時点での相場変動に大きな影響を及ぼすのが一般的です。

FX初心者の方は、市場が大荒れになる経済指標発表時にはトレードを行わないのが無難ではあります。

しかし、将来的にその市場に参戦する予定である方は、ファンダメンタルズ分析についての知識も必要です。

この項目では、このようなファンダメンタルズ分析時に重要となる可能性が高い経済指標についてご説明致します。

意識しておきたい経済指標発表

ファンダメンタルズ分析を行う際に意識をしておきたい経済指標は、主に下記のようになります。

  • 米国雇用統計
  • GDP
  • 小売売上高
  • 鉱工業生産
  • 様々な景況感指数
  • MBA住宅ローン申請指数
  • ミシガン大学消費者態度指数
  • 生産者物価指数(PPI)・消費者物価指数(CPI)
  • 貿易収支
  • 新築住宅販売件数・中古住宅販売件数
など

これらの経済指標の説明と、発表時期につきましては、お手数をお掛け致しますが、「FX取引に重要な経済指標とは?値動きの予想とトレードの方法」の記事にあります「経済指標の読み方と重要な経済指標」の項目をご覧ください。

ファンダメンタルズ情報の入手先

ファンダメンタルズ分析を行う際には、経済指標情報の入手が必要不可欠です。

ファンダメンタルズ分析に必要な経済指標情報の入手方法としては、主に下記の5つがあります。

  • 専門のニュース配信サービス
  • アナリストの方のブログ
  • FX業者や専用サービスのニュース
  • 専用の情報配信アプリ
  • 情報が記載された経済新聞

これらのいずれかの方法で、ファンダメンタルズ情報の入手ができます。

専門のニュース配信サービス

経済指標発表がされた際には、それらをまとめて配信するニュースサービスがあります。

【経済指標を配信するニュースの例】

  • ロイター
  • CNN
  • ヤフーファイナンスニュース
  • 東洋経済オンライン
  • マーケットアロー
など

これらの配信から、発表された経済指標を確認できます。

なお、法人の方は「Bloombergのプロフェッショナルサービス」という有料(年2万4千ドル)の情報端末でも確認ができます。

アナリストの方のブログ

著名なアナリストなどは、多くの方がブログなどをしております。

そのブログには、発表された経済指標やアナリストの方の分析結果などが記載されている場合があります。

FX業者や専用サービスのニュース

FX業者の殆どは、経済指標発表時にその情報をリアルタイムで配信しております。

その情報を確認しますと、発表された経済指標の確認を行えます。

専用の情報配信アプリ

FX業者の専用アプリには、経済指標をリアルタイムで確認できる機能が搭載されているケースが多いです。

他にも、「ザイFX! for iPhone」や「FX ニュースまとめ!」などといった無料のアプリもあります。

情報が記載された経済新聞

リアルタイムでの確認には向いていませんが、急いで経済ニュースの確認が必要ない場合には、経済新聞を読むというのも手です。

日本経済(日経)新聞には、電子版などもありますので、早くに情報を見たいという方はこちらを確認するという方法もあります。

FXでの円安・円高の判断

ファンダメンタルズ分析を行いますと、円安・円高の判断をしやすくなるケースがあります。

実際、円安・円高のトレンドは、世界情勢や政治なども大きく影響します。

この項目では、ファンダメンタルズ分析と円安・円高の関係についてご説明致します。

ファンダメンタルズ分析とトレンド

円安と円高を予想する際には、ファンダメンタルズ分析が重要となる場合があります。

例えば、近年に円安・円高に大きな影響を及ぼした出来事に「アベノミクス」があります。

野田前首相が総理大臣となっている間は、為替相場は円高トレンドが続いておりました。

その後2012年に安倍首相が総理大臣となり、多くの投資家の間で「安部首相になった際には円安誘導の政策が行われるのでは?(アベノミクス)」と期待が高まりました。

その結果、多くの円が売られ、トレンドは円安へと向かっていきました。

下記は、2012年~2013年のドル円とユーロ円を表したチャートです。
(上がドル円、下がユーロ円です)

これらのチャートを確認しても、アベノミクス効果で円高トレンドから円安トレンドに向かったのが分かります。

ファンダメンタルズでの値動き

ファンダメンタルズ分析では、為替の高値と安値を予想しやすくなる効果も期待できます。

実際にプロのトレーダーの方も、多くの方がファンダメンタルズから高値安値を分析しております。

この項目では、ファンダメンタルズ分析と高値安値のトレードチャンスについてご説明致します。

高値・安値とスイングトレード

ファンダメンタルズ分析では、リアルタイムで世界の経済情勢や指標を確認して相場分析を行います。

これは為替の高値と安値を分析する際にも重要となります。

FXでは、為替相場が安い時に買い、高い時に売るというのが基本的な流れです。

その際の安値と高値の差が大きければ大きいほどに、最終的な利益は大きくなります。

FXで最大利益を狙うためには、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析から相場を的確に分析することが必要です。

FXで大きな利益を上げていらっしゃる方は、この為替の値動きを的確に読んでいる方達です。

ファンダメンタルズ分析は、短期トレンドというよりも中長期トレンドを読む分析となりますので、スイングトレードなどを行う方に重要な意味を持つのが一般的です。

スイングトレードでは、スキャルピングなどと異なり取引回数が少ないため、利益を大きくするためには、その分高値と安値の差が重要となります。

その影響で、ファンダメンタルズ分析で、将来の為替相場をじっくりと予想することが大切です。

まとめ

ファンダメンタルズとは「国や企業などの経済状態などを表す指標」であり、それを分析して為替相場などを予想する行為を「ファンダメンタルズ分析」と呼びます。

ファンダメンタルズ分析は中長期トレンドを予想しやすいため、スイングトレードなどの際にも重要な意味を持ちます。

なお、ファンダメンタルズ分析の際には、重要な市場や指標の把握が必要となります。

重要指標は、

  • 専門のニュース配信サービス
  • アナリストの方のブログ
  • FX業者や専用サービスのニュース
  • 専用の情報配信アプリ
  • 情報が記載された経済新聞

などから入手ができますので、定期的な確認が必要です。

 - FXの相場分析