FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXでボックス相場を判断する方法と相場状況に応じた取引手法

   

FXでは様々なチャートパターンが存在し、中でも「ボックス」と呼ばれる状態は目にする機会が多くあります。

この記事では、FXチャートのボックスについてご説明致します。

FXや仮想通貨のボックス相場とは

FXでは約7割がボックス相場になると言われており、適切なトレードを行うためにはボックス相場の理解が必要です。

FXでボックス相場と呼ばれる状況

チャートに引く線には様々な種類がありますが、その中に「サポートライン」と「レジスタンスライン」という線があります。

サポートラインとは、「下値支持線」や「支持線」などとも呼ばれ、相場が下落した際にそれ以上は下がらないと思われる価格帯に引かれた線となります。

レジスタンスラインとは、「上値抵抗線」や「抵抗線」などとも呼ばれ、相場が下落した際にそれ以上は上がらないと思われる価格帯に引かれた線となります。

為替チャートでは、このサポートラインとレジスタンスラインの間を上下し、横ばいとなっている局面が存在します。

このような相場環境を「ボックス相場」と言います。

【ボックス相場の例】

ボックス相場とレンジ相場の違い

よくボックス相場という言葉と一緒に「レンジ相場」という言葉が使われます。

ボックス相場は、前述の通り、為替レートがある一定の値幅を上下し、横ばいとなっている状態となります。

レンジ相場も、ボックスと同じ状態にある為替環境を指して使われます。

ボックス相場とトレンド相場の関係性

この項目では、トレンド相場とボックス相場の関係性についてご説明致します。

トレンド相場とボックス相場

FXトレード時には、トレンド相場とボックス相場の関係を意識することも大切です。

FX取引時のトレンドにつきましては、お手数をお掛け致しますが、詳しくは「FXのトレンドとは?ラインの引き方からテクニカルまで解説」の記事をご覧ください。

トレンド相場の後にボックス相場となった際には、値動きが
レジスタンスラインを上抜けしますと上昇トレンド
サポートラインを下抜けしますと下降トレンド
になると予想されます。

その影響でボックス相場の後から、
上昇トレンドが下降トレンドに変わる、
下降トレンドが上昇トレンドに変わる
という可能性もあり、ボックスの形(パターン)で今後の値動きを予測できるケースもあります。

主なボックスパターンとその相場傾向につきましては、同ページの「ボックス相場の主な種類」に記載しておりますので、お手数をお掛け致しますがそちらをご覧ください。

ボックスを判断するインジケーター

FXトレード初心者の方は、今が「ボックス相場」であるのかの判断が難しいケースも多くあります。

この項目では、FXのボックス相場とトレンド相場を判断する方法についてご説明致します。

移動平均線で判断する方法

ボックス相場とトレンド相場を判断する際には、「移動平均線(MA)」を使う方法があります。

為替チャート上に移動平均線を「複数」表示します。

表示する際の期間は、ご自身のトレードスタイルに合っている設定で問題ありません。

その際にそれぞれの移動平均線が近づき、交差を繰り返したり、お互いがもつれ合ったりしている形となった際には「ボックス相場」となりやすい傾向があります。

トレンド相場の場合は、お互いの線が離れており、上下に傾斜がついた形となる場合が多いです。

ボリンジャーバンドで判断する方法

ボックス相場とトレンド相場を判断する際には「ボリンジャーバンド」も役立ちます。

ボリンジャーバンドを表示した際にバンド幅が狭く傾斜が無くなり、水平に推移している(スクイーズ)場合にはボックス相場の可能性が高くなります。

トレンド相場の際には、バンド幅が広くなり傾斜が付いている状態となります。

RSIで判断する方法

「RSI」とは、過去の値動きに対する上昇幅の割合をグラフ化した指標となります。

RSIが「40%~60%」の間で推移し、上下の動きが緩くなった場合にはボックス相場となる可能性が高まります。

トレンド相場の場合は、50%~100%の間(上昇トレンド相場)や0%~50%の間(下降トレンド相場)を推移している場合が多いです。

ボックス相場の主な種類

ボックス(レンジ)は、そのパターンによってこれからの相場環境を予測できる場合があります。

この項目では、主なボックスパターンと相場の傾向についてご説明致します。
(あくまで「傾向」ですので、為替レートが例外的な動きをするケースもあります)

ボックス(長方形)

ボックスは、ボックス相場の基本的なパターンです。

「レンジ」、「レクタングル」、「四角形」、「長方形」などとも呼ばれます。

このような為替チャートの場合、今までと同じトレンド方向へ為替相場が抜ける可能性が高くなります。

ボックス状態が長いほど、その後のブレイクアウトも大きくなりますが、いつブレイクアウトが起こるのかは予想し辛いのが実情です。

シンメトリカル・トライアングル(左右対称三角形)

シンメトリカル・トライアングルは、右上がりのサポートラインと右下がりのレジスタンスラインで左右対称の三角形が出来上がった形となります。

「ペナント」、「三角形」などとも呼ばれます。

シンメトリカル・トライアングルは、上昇トレンド・下降トレンドの両方に現れるパターンであり、後には今までのトレンドと同じ方向に相場が進む傾向があります。

三角形の底辺から先端までの距離を半分過ぎますと、ボックスブレイクする可能性が高まります。

三角形の半分を大幅に過ぎてもボックスブレイクしなかった場合には、それ以降の方向性が定まりにくくなるケースも多いです。

ブロードニング・フォーメーション(逆三角形)

ブロードニング・フォーメーションは、右下がりのサポートラインと右上がりのレジスタンスラインで三角形が出来上がった形となります。

「逆ペナント」、「逆三角形」などとも呼ばれます。

ブロードニング・フォーメーションは、発生頻度が低く、珍しいボックスパターンとなります。

普段を圧倒的に凌ぐトレーダーの方が市場に参加し、相場が異常な状態である際にこのパターンが出やすくなります。

ブロードニング・フォーメーションのパターンが出ますと、トレンドの終わりが近づいている可能性を表します。

ダイヤモンド・フォーメーション

ダイヤモンド・フォーメーションは、「シンメトリカル・トライアングル」と「ブロードニング・フォーメーション」が合わさった際に出る珍しいパターンです。

「ひし形」などとも呼ばれます。

ダイヤモンド・フォーメーションのパターンが出ますと、トレンド転換が起こる可能性が強まります。

アセンディング・トライアングル

アセンディング・トライアングルは上昇トレンド時に形成される場合が多く、レジスタンスラインがほぼ水平で、サポートラインが上昇している形となります。

「上昇三角形」などとも呼ばれます。

アセンディング・トライアングルのパターンは、2本の抵抗線が交差する際にブレイクアウトする可能性が高まります。

その際には安値が切り上がってきている状況から、相場が上に進む傾向が強まります(強気パターン)。

ディセンディング・トライアングル

ディセンディング・トライアングルは下降トレンド時に形成される場合が多く、サポートラインがほぼ水平で、レジスタンスラインが下降している形となります。

「下降三角形」などとも呼ばれます。

こちらのパターンも、2本の抵抗線が交差する際にブレイクアウトする可能性が高まります。

その際には高値が切り下がってきている状況から、相場が下に進む傾向が強まります(弱気パターン)。

フラッグ

フラッグは相場が急激に上昇・下降した後の短期停滞状態で、サポートラインとレジスタンスラインが平行の状態で上昇・下降の形となります。

「旗」などとも呼ばれます。

フラッグのパターンが出た場合、相場は今までのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高まります。

ウェッジ

ウェッジは急角度のトライアングルの形で、サポートラインとレジスタンスラインの両方が斜めになっております。

「くさび」などとも呼ばれます。

ウェッジのパターンが出た場合も、相場は今までのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高くなります。

ウェッジは、アセンディングとディセンディングに似ている形ですが、

  • 上向きの上昇ウェッジは弱気
  • 下向きの下降ウェッジは強気

を示すという反対の性質を持ちます。

ボックス理論を用いたトレード手法

ボックス相場の際の投資行動として「ボックス理論」があります。

ボックス理論はハンガリー生まれの投資家ニコラス・ダーバスにより考案された理論で、相場がボックス圏から離れた後にはまた新しい水準で上下を繰り返し、ボックスを形成するという考え方に基づいて投資行動を行います。

この項目では、ボックス理論に基づいたトレード方法やブレイクアウト手法などについてご説明致します。

逆張りで取引を行う手法

ボックス理論の投資行動は簡単で、騙し相場に備えて、レジスタンスラインとサポートラインを超えた時点に「損切り(ストップロス)」を設定した上で、
レジスタンスラインで「売」
サポートラインで「買」
の逆張りを繰り返すだけです。

ブレイクアウト(順張り)手法

ボックス相場の際には、後にサポートラインやレジスタンスラインを抜けて一気に流れが加速するようなケースがあります。

これは「ブレイクアウト」と呼ばれ、重要なトレードチャンスとなります。

ボックス相場の際のボックスブレイクアウト手法は、相場が

  • レジスタンスラインを上回った場合には「買」
  • サポートラインを下回った場合には「売」

でエントリーを行います。

その際にはラインから「数pips」離れた地点に逆指値注文を入れておきますと、エントリータイミングを逃さず注文を行えます。

またブレイクアウトには騙し相場も多く存在し、その際の損失を最小限に抑えるために、損切りポイントを決めておく必要があります。
例:上方ブレイクアウトの際にはサポートライン、下方ブレイクアウトの際にはレジスタンスラインを損切りポイントとするなど

ブレイクアウトの際には、
最初に引いたレジスタンスラインをブレイクした後、そのラインがサポートラインとして機能しているか、又は

最初に引いたサポートラインをブレイクした後、そのラインがレジスタンスラインとして機能しているか

(レジサポ転換)を確認しますと騙し相場に引っ掛かりにくくなります。

特にFX初心者の方は、騙し相場に十分な意識が必要です。

Excel(エクセル)でFX情報をまとめる場合

FXトレードを行っていきますと、必要となる様々な情報をメモしておきたい場面もあります。

その際にはExcel(エクセル)などを使って、必要情報をメモする方法もあります。

Excel(エクセル)では関数を用いてメモを行えますが、関数を使わないという場合には「fx」と書かれている数式バーを非表示にしたい場合もあります。

この項目では、Excel(エクセル)の数式バー(fx)を非表示にする方法についてご説明致します。

Excel(エクセル)の数式バーの表示・非表示

Excel(エクセル)の数式バー(fx)を非表示にする方法は、バージョンによって異なります。

下記の方法のうち、お使いのExcel(エクセル)に対応した方法で数式バーを非表示にしてください。

【ツールバーにツールという文字がある場合】

  1. ツールバーの「ツール」を選択する
  2. ツール内の「オプション」を選択する
  3. オプション内の「表示」タブを選択する
  4. 表示タブ内の「数式バー」のチェックを外す
  5. 「OK」をクリックしてオプションを閉じる

【ツールバーにツールという文字がない場合01】

  1. 右上にある「表示」を選択する
  2. 表示タブのメニューの「数式バー」のチェックを外す

【ツールバーにツールという文字がない場合02】

  1. 左上にある「ファイル」を選択する
  2. 左メニューの「オプション」を選択する
  3. 左メニューの「詳細設定」を選択する
  4. 右画面をスクロールして中段あたりにある「表示」という欄を見つける
  5. 表示内の「数式バーを表示する」のチェックを外す
  6. 「OK」をクリックしてオプションを閉じる

まとめ

ボックスは、相場がサポートラインとレジスタンスラインの値幅を横ばいしている状態です。

ボックス相場には様々なパターンがありますので、各パターンと相場の傾向を知っておきますと利益を上げやすくなります。

ボックス相場からのブレイクアウトは重要なトレードチャンスとなりますので、適切なトレードを行うことが大切です。

 - FXのチャートパターンと手法