FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXでも注目されている人工知能を活用するメリットとデメリット

   

FXには多くのFXツールがあり、売買や予測をご自身で行わずにトレードする方法があります。

自動売買ソフトやFX予測アプリなどを利用することで可能となりますが、近年に注目を浴びているのが「AI(人工知能)」が搭載されたソフトです。

人工知能の技術が向上することによって、FX取引が大きく変わる可能性も指摘されております。

この記事ではFXと人工知能について記載しておりますので、参考にしてください。

AI(人工知能)とFXについて

以前から「AI(人工知能)」は注目されており、多くの分野で研究がされております。

FXもAI技術を搭載したソフトが登場しており、通常の自動売買や予測をするソフトとは大きく違います。

AI技術が進歩すれば大きな革新となりますので、従来の取引とは一線を画したものとなります。

AI(人工知能)につきましては、下記の項目でご説明致します。

AI(人工知能)とは

AI(人工知能)は、大きく人間の生活を変える可能性があります。

各メディアでも話題になっており、人間と人工知能の将棋の対局はニュースでも大きく取り上げられました。

AI(人工知能)は、人間の脳のように学習をしていき、言語の理解や推論、問題解決などの知的行為を行う技術のことです。

人間は常に体験から多くを学び、それを知識として蓄え、成長していきます。

その反対に、機械などは体験から学ぶことはなく、成長をするものではありませんでした。

機械などに人工知能を搭載すれば、人間のように体験から学んでいき、自らが成長をするようになります。

データをもとに学習していきますので、次からはより高い知能を持って作業にあたることが可能です。

以前と比べてより精巧な予測や推論を立てたり、高度な行動を取ったりできるようになりますので、従来とは大きく異なります。

これは多くのものに応用でき、人工知能の進歩は人間にも大きな影響を及ぼします。

実際に将棋でも人間が対局に負けるという事態が起こっており、人工知能の有用性を証明しております。

しかし、問題点も多く指摘されており、将来的にどのように進歩していくのかは今のところ判断できない状態です。

AI(人工知能)搭載のFX自動売買ソフト

FXでも人工知能は多くの方から注目されております。

人工知能の技術が向上し、FXのソフトに応用されれば、従来の取引とは全く異なるものになります。

例えば、従来のFXの自動売買ソフトは、トレーダーの方が設定した行動を繰り返すというものです。

設定した売買を自動で繰り返すために便利ですが、経済変動などがあれば設定をし直さないと状況に応じた取引は行えません。

ここが自動売買の欠点であり、決まった取引になってしまうというデメリットがありました。

自動売買プログラムに精巧な人工知能が搭載されれば、上記のような問題が解決されます。

自動でソフトが過去の相場を分析し、経験から知識を蓄積して、相場変動に対応できる売買をするようになることもあり得ます。


人間が行うよりも正確で分析力が高いなど、人間の学習を上回る可能性も高いです。

人間よりも情報の処理速度が速く、よりFXの分析作業が効率化されることが予想されます。

現在にも人工知能を搭載した自動売買やFX予測をするアプリはありますが、まだ上記のように完全な実用段階ではありません。

人工知能が搭載された自動売買ソフトやFX予測アプリは、まだ開発されてから歴史が短いです。

今の段階では単発的な事象があった場合(米大統領選挙など)、チャートを分析しにくいなど欠点もあります。

YouTubeなどの動画サイトで人工知能を利用したFXトレードの生放送を行っている方もいらっしゃいますので、そういった動画を参考にしてみると分かりやすいです。

AI(人工知能)搭載のFX自動売買の初期費用

FX自動売買や為替相場の動きを予測するアプリには、既に人工知能が搭載されたものがあります。

以前に有名だったFXシステムに「fons」がありましたが、現在は購入できません。

人工知能を搭載したFXツールは、価格が高額であるものも多いのが現状です。

以前に購入できた「fons」は78万円、「かんなぎ(巫)」は100万円(永久買取)の費用がかかり、容易に導入できるものではありません。

かんなぎ(巫)は月額29,800円(税込)でも導入できましたが、こちらでも決して安いといえる費用ではありません。

ソフトによっては指定された口座を開設すれば無料で自動売買ソフトやアルゴリズムを利用できるキャンペーンなどが開催されていたこともありますので、初期費用が気になる方はこういったサービスを狙うのも手です。

ただし、どのソフトでも開催されているわけではありませんので、ご自身が気になっているソフトにキャンペーンがあるとは限りません。

期間限定や人数制限があることも多いため、機会を逃せば無料では試せなくなる場合もあります。

FX予測のソフトは無料で利用できるものもありますが、数万円するものもあり、利用するツールによっては高い初期費用がかかります。

なお、高い初期費用であっても、詐欺を行う業者がありますので、利用する前に情報を収集することも大切です。

実際に詐欺として挙げられているソフトもあります。

高額なものであるほどに負担は大きくなりますので、詐欺に引っかからないようにご注意ください

AIソフトのメリットとデメリット

AIソフトを利用することで幾つかのメリットとデメリットがあります。

現段階でのメリットとデメリットを記載致しますので、将来的には大きく変わる可能性があるという点にご注意ください。

まずはメリットのほうから記載致します。

AIソフトの6つのメリット

AIソフトは手動での取引に比べて、幾つものメリットがあります。

AIソフトを利用するメリットは、下記の6点です。

  • 自動売買システムを使えばご自身で取引しなくていい点
  • 自動でソフトが学習と最適化を行うためチャートパターンや手法を勉強しなくていい点
  • 人間よりも早く多くのデータを分析できて効率がいい点
  • 売買タイミングをご自身で探さなくていい点
  • FX初心者でも運用できてスキルがなくていい点
  • 感情に左右されず分析やトレードが常に冷静でメンタル面が影響しない点

主に手動の場合よりも手間が省けるという点がメリットになります。

手動で取引をするには、FXについて勉強が必要です。

相場を分析して、エントリー・決済のタイミングを見極め、注文もご自身で行う必要がありますが、AIソフトはこれらを全て自動で行ってくれます。

時間にゆとりができ、常に相場の確認などが不要となりますので、メンタル管理も行いやすくなります。

また、人間では多くの点で感情が絡みますが、自動売買や予測ツールではそれがありません。

いつも感情に左右されないため、常に冷静に分析や注文をできるという点もメリットとなります。

将来的に人工知能の技術がより向上すれば、メリットが増えたり、減ったりする可能性もありますので、その点にはご注意ください。

AIソフトの4つのデメリット

AIソフトは手動での取引に比べて、幾つものメリットがありますが、デメリットも存在します。

AIソフトを利用するデメリットは、下記の4点です。

  • 初期費用が高いソフトも多い点
  • 詐欺業者がある点
  • 現在の技術では急な変動などに対応できない場合が多い点
  • ご自身で作成するにはプログラムの知識などが必要な点

デメリットは上記のようになります。

現段階では初期費用が高く、詐欺業者も存在しているという点で、容易に導入できないというデメリットがあります。

また、現段階の人工知能では、急な相場変動などに弱い傾向があるというデメリットもあります。
(人工知能の発達により改善される可能性はありますが、現時点では完全な状態ではありません)

初期費用をかけないためにご自身でプログラミングを行うのであれば、多くの知識が必要であるというデメリットも挙げられます。

将来的に人工知能の技術がより向上すれば、デメリットが増えたり、減ったりする可能性もありますので、その点にはご注意ください。

人工知能と個人投資家

将来的にはより人工知能の技術は向上し、多くの分野で革新が訪れると予想されております。

FXでも人工知能によるトレードが行われるようになれば、大きく環境が変化します。

特に個人投資家の方は、大きく影響を受ける可能性が高いと予想されます。

個人トレーダーではAIには勝てない?

個人トレーダーの方は、ご自身で相場を分析し、エントリーや決済を行っていきます。

人工知能が進化するにつれて、個人トレーダーの方へ大きな影響を及ぼす可能性も指摘されております。

人工知能が予測通りに発達していけば、人間と変わらない分析も可能となります。

しかし、人間と変わらないといっても、分析できるデータ量は人工知能のほうが圧倒的で、速度も比べものにならないほどに高速です。


技術が向上すればより確実な相場環境認識や戦略を立てることが可能となり、人間は人工知能には勝てないと危惧されております。

特に個人トレーダーの方はデータ分析量が圧倒的に不利であり、人工知能に分配が上がる時代になるとの指摘もあります。

実際に人工知能が人間を超えるという事態も起こっておりますので、技術が向上すれば人間では想像できないような知能行動を取れるようになることもあり得ます。

また、人間には感情や欲得などの考えがあります。

強く感情や欲得が絡めば、正確な分析や取引を行えなくなります。

適正なタイミングで損切りや利食いができないのは、FXをする上で不利です。

その分AIであれば、常に冷静で感情や欲得に流されることなく分析やトレードを行えます。

この点も人間と人工知能を比較した場合の強みです。

AI(人工知能)の作り方

AI(人工知能)は、自作することもできます。

簡単な作業ではありませんが、自作できれば高い初期費用を準備する必要はありません。

多くの知識と勉強が必要になりますが、ご自身で作成をしたい場合などは参考にしてください。

作成に必要なスキル

人工知能を作成するには、専門的な知識が必要です。

初心者の方では簡単に作成できず、勉強にもそれなりの時間をかけなくてはいけません。

下記が人工知能の作成に必要なスキルです。

  • 数学の知識(線形代数、微分・積分、確率・統計学)
  • ニューラルネットワークの知識
  • プログラミングの知識

上記を学ぶことは容易ではなく、途中で断念をする方もいらっしゃいます。

機械学習を勉強するには一般的に数年以上の期間が必要で、すぐに作成できるものではありません。

数学などの知識があっても、それをプログラミングしていくスキルが必要です。

まず練習で人工知能を作成するのであれば、機械学習のアルゴリズムが組み込まれているライブラリもありますので、そういったものを活用するのも1つの手段です。

ライブラリなどを参考にすることで勉強になりますし、1から作成するよりは比較的知識量も少なくてすみます。

提供されているライブラリを拡張していくのであれば多くの知識が必要ですが、そうでなければ基本的な知識だけで作成は可能です。

まとめ

将来的に人工知能は現在よりも発達することが予想され、多くの分野での活躍が期待されております。

人工知能は人間の脳のように学習していき、より精度の高い予測や推論などを立てられるようになります。

FXにもこの技術が応用される可能性があり、現在にも人工知能を搭載した自動売買や相場を予測するツールが幾つか存在します。

現在では特に自動売買ソフトは初期費用が高いものが多く、まだ歴史も浅いため、購入する際には情報収集が大切です。

詐欺業者も存在しておりますので、容易に手を出しては大きく損をする可能性が高いです。

なお、今後にAI技術が発達していけば、人間では人工知能に勝てないという意見もあります。

人工知能は膨大なデータを迅速に分析でき、人間よりも学習スピードが速いです。

人間の考えつかないような予測を立てることも可能であるといわれておりますので、AIの取引が台頭すれば大きく取引に影響が及びます。

特に個人トレーダの方への影響は多大であり、AIによって儲からない時代になるとの指摘もあります。

人工知能を使ったツールは個人でも作成でき、自動売買や予測するツールを自作することも可能です。

人工知能の作成には多くの知識を要しますので、勉強にはそれなりの時間が必要である点にはご注意ください。

 - FXと人工知能