FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXの必要証拠金の計算方法と損失時のロスカットとの関係性

      2018/03/22

FXは「外国為替証拠金取引」の事です。取引する場合には「証拠金」が必要になります。

この記事ではFXの証拠金の中でも、「必要証拠金」の計算方法やロスカットについてご説明致しますので、参考にしてください。

FXの必要証拠金について

FXをする際には、証拠金を準備する必要があります。

証拠金を準備しなければ、FXで取引を行えません。

証拠金には幾つか種類がありますが、この項目では「必要証拠金」についてご説明致しますので、詳しくご存知でない場合はこちらからご覧ください。

取引の必要証拠金とは

「必要証拠金」とは、FXの取引でポジションを建てるために必要となるお金のことです。

必要証拠金を預け入れ、新しく外貨を購入されるのであれば、「買いポジションを建てる」ことになります。

反対に新しく外貨を売却されるのであれば、「売りポジションを建てる」ことになります。

FXでは預け入れている証拠金額によって、取引できる取引額が異なります。

必要証拠金はポジションを建てるために必要な金額ですので、預け入れている証拠金(有効証拠金)の取引範囲内である必要があります。

必要証拠金額が預け入れている証拠金の取引可能範囲を超える場合は、新たにポジションを建てることはできません。

取引単位と必要証拠金

FXの必要証拠金を計算する際には、通貨の取引単位が関係します。

詳しい計算方法は後の項目でご説明致しますので、この場では取引単位について記載致します。

取引単位とは、取引できる通貨の単位のことです。

FXでは1ドルだけ米ドルを購入するということはできず、まとまった単位で購入しなければいけません。

※SBI FXトレードは1通貨からトレードできます。

最低取引単位は「100通貨」、「1,000通貨」、「1万通貨」とFX会社によって異なります。

最低取引単位が「1万通貨」であれば、最低でも「1万ドル(米ドル)」は購入する必要があります。

FXでは「1万通貨」などのまとまった数量について「ロット」という単位を用います。

「1ロット」の数量も各取引業者によって異なりますが、「1ロット = 1万通貨」の取引数量であることが多いです。

FXの必要証拠金の計算

FXの必要証拠金は、比較的簡単に計算できます。

この項目ではFXの必要証拠金の計算式、レバレッジの倍率による証拠金の比較一覧を記載しております。

必要資金の目安を算出する際にも必要ですので、計算方法をご存知でない場合は事前にご確認ください。

必要証拠金の計算式

FXの必要証拠金は、ご自身で計算できます。

必要となる資金の目安にもなりますので、取引前に一度ご確認ください。

必要証拠金の計算方法は、「為替レート × ロット数」となります。

上記の金額をFX口座に預け入れることで、その金額分の取引が行えます。

通貨ペアが「ドル円」、為替レート「1ドル = 100円」の場合で、「1ロット(1万通貨)」、「3ロット(3万通貨)」の米ドルを購入される場合は下記のようになります。

1ロット 100円 × 1ロット = 100万円
3ロット 100円 × 3ロット = 300万円

上記では「取引額 = 必要証拠金」となっておりますが、FXではレバレッジを設定できます。

レバレッジにつきましては、「FXにおけるレバレッジとは?仕組みや生じるリスクについて解説」の記事に記載しておりますが、利用することにより上記よりも小額の証拠金で同等の取引が行えます。

例えば、レバレッジ10倍の場合は、下記の証拠金を預け入れるだけで同額の取引額で取引できます。

1ロット 100円 × 1ロット ÷ 10倍 = 10万円
3ロット 100円 × 3ロット ÷ 10倍 = 30万円

上記のように、レバレッジを利用される際には、「為替レート × ロット数 ÷ レバレッジの倍率」の計算式で算出できます。
(「為替レート × ロット数 × (1 ÷ レバレッジの倍率)」でも必要証拠金を計算できます)

レバレッジの倍率によって、必要証拠金も比例して減少します。

同じ取引額であってもレバレッジにより大きく必要証拠金の額が変動します。

下記は上記の「3ロット」の場合のイメージです。

レバレッジの例
資金が少額であっても、レバレッジにより、それより大きな取引が行えます。

レバレッジ倍率別に証拠金を比較

FXでは、レバレッジの倍率によって必要証拠金が異なります。

下記にレバレッジの倍率別の必要証拠金の一覧を記載しております。

「1倍」、「5倍」、「10倍」、「25倍」の倍率の必要証拠金となっておりますので、どれだけ差があるのか比較してみてください。

なお、下記は全て同じ取引額に対して必要な証拠金の額です。

また、下記の一覧は通貨ペア「ドル円」、「1ドル = 100円」のレートで、「1ロット」の米ドルを購入された場合となります。

レバレッジの倍率 必要証拠金
1倍 100円 × 1ロット ÷ 1倍 = 100万円
5倍 100円 × 1ロット ÷ 5倍 = 20万円
10倍 100円 × 1ロット ÷ 10倍 = 10万円
25倍 100円 × 1ロット ÷ 25倍 = 4万円

最大レバレッジをかけますと、1倍の時と比較して「1/25」の必要証拠金で取引できます。

「4万円」の証拠金で「100万円」の取引ができますので、多額の資金の準備が難しい場合などでもFXを始められます。

証拠金とロスカットについて

FXではレバレッジを利用することで、実際の取引額よりも小額の証拠金で取引できます。

しかし、FXは最初に必要証拠金を預け入れたからといって、ずっと取引ができる訳ではありません。

FXで取引をするためには、一定の証拠金維持率を維持する必要があります。

取引される場合には、この点にも注意が必要です。

証拠金とロスカットの関係

FXでポジションを維持するためには、一定の証拠金維持率を保つ必要があります。

証拠金維持率は預け入れられている証拠金の額、含み損(決済をしていない状態での損失)、必要証拠金などを踏まえて決定されますので、損失(決済の損失や含み損)が大きくなればなるほどに低下していきます。

証拠金維持率が低下しますと、ロスカットのリスクが高まります。

証拠金維持率がロスカット水準を下回りますと、ロスカットが執行され、ポジションが強制決済されます。

強制ロスカットはFX取引ルールですので、常に証拠金には注意が必要です。

通貨の価格は常に変動しますので、証拠金維持率にも意識を向けながら取引することが大切です。

ロスカットでマイナスになる?

ロスカットが執行された場合、お持ちのポジションは全て自動的に決済されます。

ロスカットとは大きな損失を防ぐことが目的のシステムですので、執行されて多くの場合は預け入れた証拠金を超える損失が出ることはありません。

しかし、ロスカット判定に時間差が生じる場合や、インターバンク市場の流動性が乏しい場合などは、ロスカットの処理に時間がかかることがあります。

そのような場合には、ロスカットが成立するのに時間がかかり、証拠金がマイナスになる可能性があります。

基本的にはロスカットで証拠金を超える損失は出ませんが、マイナスになる可能性もあるという点に注意が必要です。

上記のリスクもロスカットされなければ気にかける必要はありませんので、大切なのは大きな損失を出さないことです。

また、預け入れる証拠金の額を増やし、証拠金維持率を高く維持するというのも1つの対策です。

まとめ

FXの必要証拠金は、取引額に対して必要な証拠金の額です。

各業者によって通貨の取引単位が異なりますので、取引単位に応じて最低必要証拠金の額が異なります。

必要証拠金は比較的簡単に計算でき、「為替レート × ロット数 ÷ レバレッジの倍率」又は「為替レート × ロット数 × (1 ÷ レバレッジの倍率)」の計算式で金額を算出できます。

上記のどちらの計算方法を用いても算出できますので、ご自身が計算しやすいほうをお選びください。

必要証拠金は証拠金維持率とも深く関係し、維持率が低下しますと、ロスカットのリスクが高まります。

含み損が大きくなり、証拠金維持率がロスカット水準を下回りますと、ロスカットが執行されます。

ロスカットによって強制決済された場合、殆どの証拠金を失います。

基本的にはロスカットで証拠金を超える損失は出ませんが、状況によってはマイナスとなる可能性もあります。

効果的な対策はロスカット自体を避けることですので、FXではこの点も意識しながら取引をしていくことが大切です。

 - FXの必要証拠金