FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FXを始める際に必要となる最低資金と最低必要証拠金の関係

      2018/07/26

FXは誰でも簡単に取引を行えるため、多方面で注目されている投資です。

各FX会社が設定している最低必要証拠金額が準備できますと、すぐにでも取引を始められます。

この記事では、FXを始める際に必要な最低資金についてご説明致します。

FXの最低資金と強制ロスカット

FXの最低必要証拠金額はそれぞれのFX会社で異なりますが、一般的には数万円程度となります。

ただ、FX口座に必要最低証拠金のみを入金して取引を行う際には、相応のリスクが伴うという点に意識をした上で取引を行わなくてはなりません。

値動きと強制ロスカットの関係

FX取引では、最低必要証拠金の金額ギリギリを入金した状態でもトレードなどを行えます。

その影響で、取引で負け続けますと口座残高がすぐにマイナスとなってしまう危険があります。

このような事態を防ぐために用意されているのが強制ロスカットです。

FXにおいて強制ロスカットは大切なシステムですが、少額取引の際には強制ロスカットが想像よりも早くされてしまう危険性があります。

口座内の証拠金が少ない状態での強制ロスカットのリスクにつきましては、お手数をお掛け致しますが、「FXの資金はいくらから?高額でも少額でも危険な3つの理由」の記事にあります
いくらからロスカット圏内かの計算」と
少額取引とロスカットのリスク
の項目をご覧ください。

口座がマイナスになる危険性

FX取引では口座内の証拠金がマイナスになりますと、その分は借金となり追証が必要となります。

海外FX業者では追証が発生しない場合もありますが、
国内FX業者は通常追証が必要となるのが一般的です。

本来FX取引では、ロスカット水準を下回った時点で強制ロスカットがされます。

これにより口座内の証拠金がマイナスとなる前に、ポジションを決済できるのが通常です。

FX口座がマイナスになる状況というのは、この強制ロスカットが上手くされなかった場合となります。

強制ロスカットが間に合わず借金となってしまうケースは稀ではありますが、急なレートの暴落や運営時間外などといった際には、強制ロスカットが間に合わない場合があります。

FXの最低資金でのレバレッジ利用

FX取引を最低資金から始めたとしても、レバレッジを高くしますと大きな取引も行えます。

ただ、最低資金からのハイレバレッジ取引は大きなリスクも伴います。

最低資金とレバレッジの注意点

FXを始められる最低資金を準備しハイレバレッジで取引を行いますと、勝った・負けた際の損失が跳ね上がります。

最低資金でハイレバレッジ取引を行いますと、証拠金維持率が低い状態が続き、強制ロスカットのリスクが高まります。

早い強制ロスカットが繰り返されますと、口座残高はどんどん減ってしまいます。

最低資金からのハイレバレッジで取引を始める方は、このようなリスク管理を徹底しておく必要があります。

FX初心者と1lotの関係性

FX取引の際には、よく1lotという言葉を見聞きします。

1lotとは各FX会社の最小取引通貨単位のことであり、どの通貨ペアも1回でこの取引量以上の取引をしなくてはなりません。

現在は「1lot = 1万通貨」を指すのが一般的ですが、それよりも低い通貨単位で取引を行える業者も増えてきました。

「1lot = 1千通貨」更には「1lot = 1通貨」という業者も存在し、低い初期資金でも取引を行えるケースが増えてきております。

FX初心者に最適なlot数

FX初心者が取引を始める際に1lotいくらの業者が良いのかという点は判断が難しい部分ですが、
なるべく少額から取引を始めたいという方は、1lotが少ない業者で取引を行うのが効果的です。

例えば、最小取引単位が
「1万通貨」と「1千通貨」
のFX業者があった際に、それぞれ必要となる最低資金は下記のようになります。
(1ドル = 100円と仮定)

レバレッジ25倍の場合
1万通貨の場合
100円 × 1万通貨 ÷ 25倍 = 4万円
1千通貨の場合
100円 × 1千通貨 ÷ 25倍 = 4千円
レバレッジなしの場合
1万通貨の場合
100円 × 1万通貨 = 100万円
1千通貨の場合
100円 × 1千通貨 = 10万円

その後為替レートが3円下がった場合、
「1万通貨」は「3万円」
「1千通貨」は「3千円」
の含み損となり、その差は10倍となります。

同じ初期資金額で比べた場合も、少ない通貨単位で取引を行うほうが、強制ロスカットのリスクを軽減できます。

【口座残高が4万円でレートが3円動いた際の含み損】

FXの1lotと最低資金の計算

FX取引での最低必要証拠金は、各FX会社の1lotとトレードを行う通貨によって変わります。

現在、存在するFX会社の中での最低1lotは「1通貨」です。

【1通貨取引ができる主なFX会社】

  • SBI FXトレード
  • OANDA Japan

また、FXトレードの取引通貨には、ドル円など様々な通貨ペアが存在しますので、その中からご自身がポジションを持つ通貨ペアを選びます。

取引するFX会社と通貨ペアが決まりましたら、下記の算式で最低必要資金を算出します。

ドル円で取引を行う際の最低資金

先ほどの算式を基に、1lotが「1通貨」であった際のドル円取引の最低資金を計算してみます。

通貨単位は2017年のドル円の平均レートである「112.1661」を基に「112円」と仮定します。

上記から、ドル円取引時の最低資金は「約4円~約5円」となります。

なお、FX取引では最低資金のみで取引を行うのは危険な場合もあります。

FXでの少額資金のリスクと理想額の設定につきましては、お手数をお掛け致しますが、「FXの資金はいくらから?高額でも少額でも危険な3つの理由」の記事をご覧ください。

FXと株の最低資金の金額

投資にはFX以外にもいくつか種類があり、株もその中の1つです。

前項でFXを始める際の最低資金について触れましたが、株も当然に始める際には一定の資金が必要です。

FX投資と株投資の最低資金額

FXの最低資金は先ほどの「ドル円で取引を行う際の最低資金」で記載をしたように、ドル円の場合で「約4~約5円」となります。

それに対して株は、一般的に約50万円~約300万円程度の資金が必要とされております。

ただ、激安の銘柄を選んだ場合には、ぐっと最低資金額は下がります。

例えば、2018年4月現在では、
「単元株数が1株」、
「取引値が200円前後」
という銘柄も存在します。

この場合の必要最低資金は「200円前後 × 1株 = 200円前後」となります。

各FX会社の1lotと初回入金額

各FX会社で1lotの数は異なり、場合によっては初回に必ず入金が必要となる最低金額が決められているケースもあります。

少額で取引を行いたい方は、各FX会社の1lotと初回入金額を確認しておく必要があります。

最低取引通貨単位別のFX会社
1通貨 SBI FXトレード
OANDA Japan
100通貨 マネーパートナーズ(nano)
1,000通貨 FXプライムbyGMO
ヒロセ通商
外為どっとコム
サクソバンク証券
マネックス証券
楽天証券
FXブロードネット
YJFX!
みんなのFX
ひまわり証券
外為オンライン
JFX
マネースクウェア・ジャパン
岡三オンライン証券[岡三アクティブFX]
デューカスコピー・ジャパン
FXトレード・フィナンシャル
アヴァトレード・ジャパン
ゲインキャピタル・ジャパン
5,000通貨 インヴァスト証券
10,000通貨 IG証券
くりっく365
DMMFX
GMOクリック証券
ライブスター証券
AFT FX
アイネット証券

上記FX会社の1lotと初回入金額につきましては、下記をご覧ください。

FXプライムbyGMO

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

ヒロセ通商

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額 1万円

※2018年4月時点

外為どっとコム

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

マネーパートナーズ(nano)

各金額
最小取引通貨単位 100通貨
初回入金額

※2018年4月時点

サクソバンク証券

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨(流動性の低い通貨ペアのみ5,000通貨)
初回入金額 スタンダード:10万円
FX CHOICE:100万円

※2018年4月時点

IG証券

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

くりっく365

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨(南アフリカランド/円、香港ドル/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円、メキシコペソ/円のみ100,000通貨)
くりっく365ラージ:100,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

マネックス証券

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

DMMFX

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

楽天証券

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

SBI FXトレード

各金額
最小取引通貨単位 1通貨
初回入金額

※2018年4月時点

GMOクリック証券

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨(南アフリカランド/円のみ100,000通貨)
初回入金額

※2018年4月時点

FXブロードネット

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

YJFX!

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨(南アフリカランド/円・人民元/円・香港ドル/円・米ドル/香港ドルのみ10,000通貨)
初回入金額

※2018年4月時点

みんなのFX

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額
ダイレクト入金の場合:5,000円

※2018年4月時点

ひまわり証券

各金額
最小取引通貨単位 レギュラー口座:10,000通貨
ループ・イフダン口座:1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

外為オンライン

各金額
最小取引通貨単位 L25コース ・L25Rコース・365Rコース:10,000通貨(ZAR/JPYのみ100,000通貨)
L25 miniコース・L25R miniコース:1,000通貨(ZAR/JPYのみ10,000通貨)
初回入金額 5千円

※2018年4月時点

インヴァスト証券

各金額
最小取引通貨単位 シストレ24:5,000通貨
トライオートFX:1,000通貨単位(南アランド/円のみ10,000通貨)
FX24:10,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

ライブスター証券

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨(南アランド/円は100,000通貨)
初回入金額

※2018年4月時点

JFX

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨(スエクロ/円・ノルクロ/円のみ10,000通貨)
初回入金額 1万円

※2018年4月時点

マネースクウェア・ジャパン

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

岡三オンライン証券[岡三アクティブFX]

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額

※2018年4月時点

デューカスコピー・ジャパン

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額 1万円

※2018年4月時点

AFT FX

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨
初回入金額 20万円

※2018年4月時点

FXトレード・フィナンシャル

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨(10,000通貨コースも有)
初回入金額

※2018年4月時点

OANDA Japan

各金額
最小取引通貨単位 fxTrade:1通貨
MT4:1,000通貨
初回入金額 ベーシック:10万円
プロ:20万円

※2018年4月時点

アイネット証券

各金額
最小取引通貨単位 10,000通貨(南アフリカランド/円のみ100,000通貨)
初回入金額 5千円

※2018年4月時点

アヴァトレード・ジャパン

各金額
最小取引通貨単位 ACT・Forex・メタトレーダー4:1,000通貨
ミラートレーダー:5,000通貨
初回入金額 5万円(クイック入金の場合は10万円)

※2018年4月時点

ゲインキャピタル・ジャパン

各金額
最小取引通貨単位 1,000通貨
初回入金額 MT4(MetaTrader 4):10万円
FOREXTrader(スタンダード口座):50万円
FOREXTrader(ミニ口座):5万円

FXを外貨預金の代わりにする方法

外貨預金の入出金の際には手数料が掛かり、この手数料が高いのが一般的です。

このような経緯から、外貨預金の代わりにFXでの資金運用をお考えになる方もいらっしゃいます。

外貨預金とFXの手数料の差

FX取引を行う際には、スプレッドという手数料に似た金銭が発生します。

メジャー通貨の場合、スプレッドの金額は1通貨あたり「0.1銭~1.4銭」前後となります。

それに対して、外貨預金は1通貨あたりの往復入出金手数料が「15銭~40銭」前後掛かる場合も多いです。

大手銀行になりますと、1通貨あたりの往復手数料が「2円~8円」前後となる場合もあります。

FX取引により損失を繰り返してしまいますと逆効果となるケースもありますが、上手く運用できますと安い手数料とスワップで外貨預金より元手を増やせる可能性があります。

まとめ

FXでの最低資金は取引を行う会社の最低取引通貨単位(1lot)と取引通貨の為替レートによって変わります。

現在は最低資金が「約4円~約5円」程度からFX取引を行えます。

最低資金でのFX運用には大きなリスクが伴いますので、実際は理想額を目安に資金を準備する場合が殆どです。

 - FXの必要証拠金