FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

積立FXと外貨定期預金の違いと運用に向いているFX口座

      2018/07/25

FXには多くの取引スタイルがありますが、殆ど為替差益を狙わない運用方法も存在します。

主にスワップポイントを狙ったものですが、スワップ狙いの運用は長期運用となることが多いです。

スワップポイントを積み立てていく「積立FX」もあり、今回はFXの積立についてご説明致します。

スワップ運用の長期投資について

スワップ運用をする際には、積立を目的として長期投資をする場合があります。

そのような運用を「積立FX」といい、定期預金と外貨預金が合わさったようなイメージです。

積立FXにつきましては、下記の項目でご説明致します。

積立FXとは

FXは外貨を購入したり、売却したりして収益を出していきます。

為替差益を狙うのもFXで収益を得る手段ですが、FX初心者の方には難易度が高いです。

積立FXは為替差益を狙うのではなく、外貨預金のように高金利通貨の金利を得る投資方法です。

一定の間隔で決めた金額分の外貨を購入していく「ドルコスト平均法」で運用します。

ドルコスト平均法では同じ金額で購入していきますので、円安の場合には購入数量が少なくなり、円高の場合には購入数量が多くなります。


また、購入枚数を一定にしますと、状況に応じて購入金額が変動します。

積立FXと定期外貨預金の違い

政策金利の高い国の通貨で預金することで多くの利息が得られ、日本円よりもお得に定期預金を行えます。

銀行で行う外貨預金と積立FXは、外貨の利息(FXはスワップ)を目的とするという点に違いはありません。

しかし、銀行の口座とFX口座では、手数料などに大きく差があります。

詳しくは下記の項目の積立FXで長期運用するメリットで併せてご説明致します。

積立FXで長期運用するメリット

外貨預金ではなく、積立FXで長期運用するメリットは、下記の5つが挙げられます。

手数料(スプレッド)が狭いこと

積立FXは、銀行で外貨定期預金するよりも、手数料(スプレッド)が安いです。

下記は銀行(住信SBIネット銀行)と積立FX(SBI FXトレードとSBI証券)の豪ドル(豪ドル円)のスプレッドと、「36万円」分の預金や定期積立(1ヶ月に「3万円」を12ヶ月、「1豪ドル=82円」で変動なし)を行った場合の合計スプレッドです。

手数料
(スプレッド)
銀行
(住信SBIネット銀行)
1通貨当たりのスプレッド
0.25円(25銭)
片道のスプレッド
(360,000円 ÷ 82円) × 0.25円 ≒ 1,097円(小数点以下切り捨て)
預入時と満期時の合計スプレッド
1,097円 × 2 = 2,194円
SBI FXトレード 1通貨当たりのスプレッド
0.2円(20銭)
1ヶ月あたりのスプレッド
(30,000円 ÷ 82円) × 0.2円 ≒ 73.170円(小数点第4位以下切り捨て)
1年の合計スプレッド
73.170円 × 12ヶ月 = 878円(小数点以下切り捨て)
SBI証券 1通貨当たりのスプレッド
0.2円(20銭)
1ヶ月あたりのスプレッド
(30,000円 ÷ 82円) × 0.2円 ≒ 73.170円(小数点第4位以下切り捨て)
1年の合計スプレッド
73.170円 × 12ヶ月 = 878円(小数点以下切り捨て)

多くの金利が得られる可能性があること

手数料(スプレッド)と得られる利益によっては、積立FXのほうが有利な場合があります。

下記に1年間で得られる利益と、上記のスプレッドを考慮した利益を記載しております。

積立FXの計算につきましては、下記の条件で行っております。

SBI FXトレードの
1ヶ月のスワップ
1通貨当たり0.1144円
(2018年4月分を合算した額)
SBI証券の
1ヶ月のスワップ
1通貨当たり0.12円
(0.004円(SBI FX αの2018年5月12日適用分) × 30日)
毎月追加する枚数 30,000 ÷ 82円 = 365枚(小数点以下切り捨て)

スワップと為替レートは12ヶ月間変動しないものとして計算し、投資額「36万円」に対して手数料を差し引く前のスワップポイントから金利を算出しております。

金利 総合的な利益
銀行
(住信SBIネット銀行)
2.000%
(定期預金1年で税引前)
360,000円 × 2.000% = 7,200円
7,200円 – 2,194円 = 5,006円
SBI FXトレード 約0.904% 3,256.977円(1年の利益) – 878円 = 2,378.977円
SBI証券 0.949% 3,416.4円(1年の利益) – 878円 = 2,538.4円

住信SBIネット銀行は手数料が安く、高金利であるため銀行に軍配が上がりますが、他の銀行では上記よりも手数料が高く金利が低い場合もありますので、総合的に積立FXのほうが多くの利益を得られる可能性があります。

預金保険があること

銀行やFX会社が破綻した場合、気になるのが口座にあるお金です。

SBI FXトレードやSBI証券の積立FXは預金保険制度がありますので、会社が破綻しても安心できます。

外貨預金は預金保険対象外ですので、補償されない可能性があります。

為替差益も狙えること

外貨預金は預け入れをするだけですが、積立FXでは自由に外貨を売却できます。

為替差益も狙えますので、外貨預金よりも有利となる場合があります。

通常のFX取引よりリスクが少ないこと

積立FXは低レバレッジで運用します。

低レバレッジでの運用は、ロスカットリスク(円安や円高のリスク)が低減し、安全に長期運用しやすいというメリットがあります。

ハイリスク・ハイリターンな取引でない分、FX初心者の方も安心して運用できます。

積立FXで長期運用する4つのデメリット

積立FXのメリットは、銀行での外貨預金と比較した場合が多かったです。

デメリットにつきましては、下記の4つが挙げられ、通常のFX取引と比較した場合が多いです。

通常のFX取引よりコストが高いこと

積立FXの専用口座で運用する場合、取引コストが高いです。

スプレッドが通常のFX取引の場合よりも広いため、注意しなくてはいけません。

スプレッドが気になる場合、効率的な運用ができるのであれば、通常FX取引口座で積み立てるほうが有利な場合もあります。

買いポジションのみ建てられること

積立FXの専用口座を利用する場合、建てられるのは買いポジションのみです。

売りポジションは建てられないため、為替差益を狙う場合には不向きとなります。

積立をする際には為替差益を視野に入れないことも多いですが、含み損などが拡大する際には注意が必要です。

株と損益通算できないこと

積立FXの所得は「先物取引に係る雑所得等」に分類されますので、株式や投資信託とは損益通算できません。

損をしなければデメリットではありませんが、損益通算が必要な場合にはご注意ください。

通常のFXで得た利益などとは損益通算可能です。

為替差損が利益を超える場合があること

専用口座では、投資家の方がチャートなどを意識しなくても積立運用ができます。

その場合は、為替差損がスワップポイントで得た利益を上回る可能性があります。

下記は豪ドル円の1年のチャートですが、数円単位で変動しております。


(出典はXE

手動運用もできますので、状況に応じて定期購入は控える必要があります。

積立FXを専用とするFX口座

積立FXは通常のFX取引でも行えますが、専用口座も準備されております。

下記の2つが専用の口座となりますので、口座開設前にご確認ください。

SBI fxトレードの積立

SBI fxトレードには、積立FX専用のサービスがあります。

取り扱い通貨ペアは下記の9種類であり、スプレッドは下記のようになります。

米ドル/円
英ポンド/円
豪ドル/円
0.05円
(5銭)
0.3円
(30銭)
0.2円
(20銭)
NZドル/円
カナダドル/円
中国人民元/円
0.3円
(30銭)
0.3円
(30銭)
0.1円
(10銭)
南アランド/円
トルコリラ/円
香港ドル/円
0.05円
(5銭)
0.4円
(40銭)
0.05円
(5銭)

サービスやレバレッジなどにつきましては、下記のようになります。

外貨の購入方法 定期的に自動購入
毎日、毎週、毎月のいずれかで定期購入を行います
自分のタイミングで購入(手動)
現在のレートで外貨を自分で購入します(50万通貨まで一定の時間内でレートが固定)
価格を指定して購入
「指値注文」で外貨を購入します
外貨の売却方法 自分のタイミングで売却
現在のレートで外貨を売却します(50万通貨まで一定の時間内でレートが固定)
価格を指定して売却
「指値注文」で外貨を売却します
レバレッジ 1~3倍
最低取引数量 1通貨単位
ロスカット 証拠金維持率が30%を下回った場合

手動で購入するほうがレートなどを意識できますが、自動のほうが面倒は少ないです。

SBI証券の積立

SBI証券の積立には、積立FX専用のサービスがあります。

取り扱い通貨ペアは下記の6種類であり、各スプレッドは下記のようになります。

米ドル/円
英ポンド/円
豪ドル/円
0.05円
(5銭)
0.3円
(30銭)
0.2円
(20銭)
NZドル/円
中国人民元/円
南アランド/円
0.3円
(30銭)
0.1円
(10銭)
0.05円
(5銭)

サービスやレバレッジなどにつきましては、下記のようになります。

外貨の購入方法 定期的に自動購入
毎日、毎週、毎月から選択して定期購入ができます
任意のタイミングで購入(手動)
現在のレートで外貨を任意のタイミングで購入します(50万通貨まで一定の時間内でレートが固定)
価格を指定しての購入
「指値注文」で外貨を購入します
外貨の売却方法 任意のタイミングで売却
現在のレートで外貨を任意のタイミングで売却します
価格を指定しての売却
「指値注文」で外貨を売却します(50万通貨まで一定の時間内でレートが固定)
レバレッジ 1~3倍
最低取引数量 1通貨単位
ロスカット ロスカット率は30%

手動で購入するほうがレートなどを意識できますが、自動のほうが面倒は少ないです。

おすすめ口座はどっち?

「SBI FXトレード」と「SBI証券」の積立FXは、どちらも「sbi」という単語がありますが、全く別のサービスです。

サービスなどは似ておりますが、取り扱い通貨ペアに大きな差があります。

「SBI FXトレード」は9種類、「SBI証券」は6種類(トルコリラ取扱なし)ですので、この点では「SBI FXトレード」に軍配が上がります。

また、得られるスワップポイントも異なります。

下記は積立FXで取引できる通貨ペアの2018年5月12日適用分のスワップポイント一覧(「SBI証券」は「SBI FX α」のもの)です。

通貨ペア 通貨数量 SBI FXトレード SBI証券
米ドル円
(USD/JPY)
1万米ドル 57円 56円
英ポンド円
(GBP/JPY)
1万ポンド 23円 20円
豪ドル円
(AUD/JPY)
1万豪ドル 41円 40円
NZドル円
(NZD/JPY)
1万NZドル 39円 38円
中国人民元円
(CNH/JPY)
10万元 120円 120円
南アフリカランド円
(ZAR/JPY)
10万ランド 140円 130円
トルコリラ円
(TRY/JPY)
1万トルコリラ 82円
カナダドル円
(CAD/JPY)
1万カナダドル 30円
香港ドル円
(HKD/JPY)
10万香港ドル 20円

積立FXのおすすめ通貨と複利

少しずつ収益が上がっていくという運用方法が多い積立FXですが、複利で運用することでより資産増加を早めることができます。

複利につきましては、「FXで複利運用をするための基礎知識と成功するためのコツ」の記事で記載しておりますが、運用に成功しますと雪だるま方式に利益を増やせます。

下記の項目から、高金利通貨で複利運用した場合の積立FXの利益についてご説明致します。

トルコリラの積立複利運用

トルコリラは高金利通貨として有名であり、積立FXで取引する方も多くいらっしゃいます。

トルコリラで単利運用と複利運用をする際には、下記のように資金が増加します。

レート 1トルコリラ = 26円
スワップポイント
(1,000通貨)
1日あたり8円
レバレッジ 1倍
毎月買い増しする数量 自動で1,000通貨
複利の場合の条件 利益が2,600円になったら100通貨を手動で追加

【資金増加の流れ】

南アランドの積立複利運用

トルコリラと共に南アフリカランドも高金利通貨として有名であり、積立FXで取引する方も多くいらっしゃいます。

南アフリカランドで単利運用と複利運用をする際には、下記のように資金が増加します。

レート 1ランド = 8円
スワップポイント
(10,000通貨)
1日あたり14円
レバレッジ 1倍
毎月買い増しする数量 自動で10,000通貨
複利の場合の条件 利益が8,000円になったら1,000通貨を手動で追加

【資金増加の流れ】

まとめ

FXは通常の取引以外にも、外貨定期預金の代わりとして利用する場合もあります。

低レバレッジで毎月少額ずつ積み立てていく積立FXというサービスもあり、活用の仕方次第では有利に外貨預金を行えます。

「SBI FXトレード」と「SBI証券」には、積立FXを専門とする口座があります。

高金利通貨として有名なトルコリラ(SBI FXトレードのみ)や南アフリカランドなどで複利運用すれば、より効果的に積立を行えます。

 - FXの手法