FX初心者の為の入門サイト|エフスぺ

FX初心者が勝つために必要な入門的情報を発信。

*

FX取引に重要な経済指標とは?値動きの予想とトレードの方法

      2018/10/31

FX取引で、為替相場の予想をする際には、「経済指標」が重要となるのが一般的です。

この記事では、FX取引時の経済指標の重要性や効果的なトレード手法などについてご説明致します。

FX取引に重要な経済指標とは

経済指標とは、各国の経済状況を数値化した指標の事です。

経済指標の種類につきましては、下記で詳しくご説明致します。

発表される経済指標の種類

各国で発表される経済指標は、下記のようになります。

各国共通経済指標
  • 生産者物価指数(PPI)
  • 消費者物価指数(CPI)
  • 貿易収支
  • 鉱工業生産
  • 小売売上高
  • GDP
  • 製造業PMI
  • サービス業PMI
米国の経済指標
労働・雇用関連
  • 雇用統計
  • 新規失業保険申請件数
  • JOLTS
  • ADP雇用報告
企業関連指標
  • ISM製造業景況指数
  • ISM非製造業景況指数
  • 耐久財受注
  • NY連銀製造業景気指数
  • フィラデルフィア連銀製造業業況指数
個人消費関連
  • 個人所得・支出
  • ミシガン大学消費者信頼感指数
  • 消費者信頼感指数
住宅関連指標
  • 新築住宅販売件数
  • S&Pケース・シラー住宅価格指数
  • 中古住宅販売戸数
  • 住宅着工件数
日本の経済指標
  • 日銀短観
  • 機械受注
欧州の経済指標
  • HICP
  • ZEW景況感指数
  • Ifo景況感指数
その他の経済指標
  • 英雇用統計
  • 英建設業PMI
  • 英住宅価格指標類
  • 豪雇用統計

上記の中で、特に重要な経済指標につきましては、次の項目でご説明致します。

経済指標の読み方と重要な経済指標

前項の経済指標のうち、特に重要なのは下記の指標となります。

これらの指標の詳しい説明につきましては、下記をご覧ください。

米国雇用統計

現在、米国の「非農業部門就業者数」と「失業率」は、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定にも大きな影響があります。

FOMCの決定は、各国の政策金利に多大な影響を与えます。

米国雇用統計は、毎月の第1週金曜日に米国の労働省から発表がされます。

GDP

GDPは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額であり、その国の経済基盤を示す指標です。

GDP速報値は、主に前期比、前期比年率、前年比いずれかの伸び率が四半期(3ヶ月)ごとに発表されます。
(カナダは毎月発表されます)

【GDP発表のおおよその時期の一例】

英国・米国
速報値
各四半期最終日の翌月下旬
改定値
速報値の1ヶ月後
確報値
改定値の1ヶ月後
ユーロ圏
速報値
各四半期最終日の約1ヶ月半後
改定値
速報値の1ヶ月後
確報値
改定値の1ヶ月後
フランス・ドイツ
速報値
各四半期最終日の約1ヶ月半後
確報値
速報値の2週間空週間後
日本
1次速報
各四半期最終日の約1ヶ月半後
2次速報
1次速報の1ヶ月後

上記の時期は目安ですので、実際には少々誤差がある場合もあります。

小売売上高

小売売上高とは、百貨店、スーパーマーケット、コンビニをはじめとする小売業者の売上額をまとめた指標です。

小売売上高は、経済動向を見極めるのに重要な指標となります。

米国の小売売上高は、毎月中旬頃に発表されます。

鉱工業生産

鉱工業生産とは、コンピュータ、電化製品、自動車などの工業品の生産高を示した指標です。

先ほどの小売売上高と併せて見てみますと、サービス業の景況や個人消費の動向を分析しやすくなります。

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ユーロ圏、日本などでは、毎月、鉱工業生産が発表されます。

様々な景況感指数

景況感指数とは、消費者やアナリストに、現在の景気や今後の景気動向についてアンケート調査を行った結果の指標です。

景況感指数は、主に下記の4つの注目度が高いのが一般的です。

ZEW景況感指数
ドイツで毎月発表
数値がプラス→景気良好
数値がマイナス→景気後退気味
IFO景況感指数
ドイツで毎月発表(1991年を100とする)
100より小さい→1991年より景気が悪い
100より大きい→1991年より景気が良い
米国消費者信頼感指数
米国の民間調査機関「カンファレンス・ボード」から毎月発表(1985年を100とする)
100より小さい→1985年より景気が悪い
100より大きい→1985年より景気が良い
ミシガン大消費者信頼感指数
米国ミシガン大学から毎月公表(1966年を100とする)
100より小さい→1966年より景気が悪い
100より大きい→1966年より景気が良い

他には、ISM製造業景況指数・ISM非製造業景況指数なども注目される場合があります。

ISM景況指数が50を下回る状況では、FRB(米国の中央銀行にあたる連邦準備制度の中枢機関)も利上げしません。

MBA住宅ローン申請指数

MBA住宅ローン申請指数とは、1990年3月16日を100として、個人の住宅ローン申請数を表した指数です。

指数が、予想より
強ければ、住宅市場は活況と判断でき「ドル買い」
弱ければ、住宅市場は不況と判断でき「ドル売り」
の傾向が強くなります。

MBA住宅ローン申請指数は、毎週水曜日に発表されます。

ミシガン大学消費者態度指数

ミシガン大学消費者態度指数とは、ミシガン大学の「サーベイ・リサーチセンター」が発表している、1966年を100として消費者マインドを指数で表した指標です。

指数が予想より
強ければ、米経済は好調と見られ「ドル買い」
弱ければ、米経済は不調と見られて「ドル売り」
される傾向が強くなります。

ミシガン大学消費者態度指数は、第2又は第3金曜日に速報値、最終金曜日に確定値が発表されます。

生産者物価指数(PPI)・消費者物価指数(CPI)

生産者物価指数(PPI)とは、1982年の平均物価を100とし、生産者が出荷した完成品や原材料などの価格変動を表した指標です。

消費者物価指数(CPI)とは、個々の商品の価格変化を総合した指標です。

これらの指標を確認し、インフレが上昇傾向にありますと、金利が上昇し、その国の通貨が買われる傾向が強くなります。

米国の生産者物価指数(PPI)・消費者物価指数(CPI)は、共に毎月15日頃に発表されます。

貿易収支

貿易収支とは、輸出量と輸入量の差額を示す指標です。

貿易黒字が続けば、外貨が蓄積され、いつかは自国通貨に交換されることとなりますので、
貿易黒字国の通貨は「買われやすい」
貿易赤字国の通貨は「売られやすい」
傾向が強くなります。

貿易収支は、毎月10日頃に発表されます。

新築住宅販売件数・中古住宅販売件数

新築住宅販売件数・中古住宅販売件数とは、新築住宅・中古住宅の取引数を元に集計された指標です。

住宅販売件数は、景気のトレンドの先行性が高い指数であり、利上げのポイント指標にもなります。

新築住宅販売件数は28日~翌月4日頃、中古住宅販売件数は毎月25日頃に発表されます。

経済指標の情報の見方

この項目では、FX会社などの「経済指標カレンダー」の見方についてご説明致します。

経済指標の予想と結果を比較

経済指標カレンダーは、各FX会社でデザインが異なりますが、大体は下記の情報で構成されております。

日付・時刻
経済指標が発表された日時
重要度
発表された経済指標の重要度(市場の注目度)
指標名
発表された指標の名前
前回数値
発表された指標の前回の数値
予想数値
FX会社などが出している今回の指標の予想
結果
発表された指標の結果

「予想指数」と「結果」が大きく乖離している場合には、大きな値動きをする可能性が高くなります。

経済指標とファンダメンタルズ分析

経済指標は、ファンダメンタルズ分析に必要不可欠と言えます。

この項目では、ファンダメンタルズ分析の際に、最低限意識をしておきたい点についてご説明致します。

アメリカの経済指標とエントリー

アメリカの経済指標は、為替相場に大きな影響を与えるのが一般的です。

ユーロ圏やアジア、日本も自国の経済ニュースより、アメリカの経済に吊られる傾向があります。

特に、米の「非農業者部門雇用統計」は重要指標ですので、こまめな確認が必要です。

サプライズ相場の予測

過去のリーマンショックなどの際には、為替レートが急激に変動しました。

ファンダメンタルズ分析で、このようなサプライズ相場を読むためには、世界情勢の細かな把握が必要です。

その中で、そのイベントが起こった後の大幅なレート変動を予想し、事前に的確なエントリーを行っておかなくてはなりません。

重要な経済指標を確認

ファンダメンタルズ分析では、重要な経済指標の把握が必要不可欠です。

FX取引時に意識をしておきたい経済指標につきましては、同ページの「経済指標の読み方と重要な経済指標」に記載しておりますので、お手数をお掛け致しますがそちらをご覧ください。

市場予想と発表値による値動き

一般的に、経済指標発表時に市場予想の指数が結果より
良い場合には、その国の通貨は「買われる」
悪い場合には、その国の通貨は「売られる」
傾向があります。

FXでは、これらの動きから為替の値動きを予想する必要があります。

経済指標発表時のポジション保有

為替相場は、多くの方が売ればレートが下がり、多くの方が買えばレートが上がります。

FXで利益を出すためには、これらの値動きを読み、
「皆が通貨を売る際には通貨を買い」
「皆が通貨を買う際には通貨を売る」
必要があります。

これらを実現するために、ファンダメンタルズ分析などがあるのですが、一般的に経済指標発表時には市場が大荒れになります。

この市場にFX初心者の方が参入した場合、各種分析での予想が大幅に狂ってしまうケースも多くあります。

FX初心者の方は、経済指標発表時にはエントリーを避けるなど、適切な対応をしておくことが大切です。

経済指標をリアルタイムで知る方法

FX取引時などに経済指標をリアルタイムで知る方法は、主に下記の4つがあります。

上記の方法につきましては、下記で詳しくご説明致します。

Twitter

経済指標は証券会社のTwitterなどで、情報を確認できます。

その際には、発表から数秒の誤差が生じますので、瞬時に情報を確認したい際には、他の方法を選択する必要があります。

FX会社の経済指標カレンダー

各FX会社の経済指標カレンダーでも、経済指標をリアルタイムで閲覧できる場合があります。

ただ、閲覧する際には、ページの更新をする必要があるため、瞬時にトレードを行いたい場合には不向きです。

FX会社のチャートなどのツール

現在、多くのFX会社から取引ツールが提供されており、そのツールのチャート画面などで経済指標を確認できる場合もあります。

多くのツールは、チャート上からワンタッチで注文ができますので、Twitterや経済指標カレンダーよりは瞬時にトレードをしやすいのが特徴です。

経済指標フラッシュ

外為どっとコムから提供されているツールの中に、「経済指標フラッシュ」というものがあります。

経済指標フラッシュは、100分の1秒単位まで意識された作りとなっており、国内最速で経済指標を確認できます。

更に、ツールから発信される「音」や「デザイン」で、発表された指標やその内容を把握しやすくしてあります。

その効果で、経済指標フラッシュを確認した時点で、すぐにトレードを行えます。

経済指標を使用した両建て手法

FX初心者の方の経済指標発表時のエントリーは、あまり好ましくないのが実情です。

経済指標発表時に両建てでトレードを行う手法もありますが、FX初心者の方は大きなリスクが伴います。

経済指標時の両建て手法につきましては、下記で詳しくご説明致します。

1.経済指標発表前に両建てを行う

まず、トレーダーは経済指標が発表される前に、売りと買いの両方のポジションを持ちます。

2.すぐにOCO注文を行う

次は、経済指標が発表される前に「OCO注文」を行います。

今回の手法では、売りと買いのどちらかのポジションで必ず損が生まれます。

その影響で、OCO注文は損と利益のバランスを取るために重要な役割を持ちます。

OCO注文の際の利益確定・損切りの範囲の設定は、下記のように設定するケースが多いです。

  • 利益確定は60~80銭
  • 損切りは30~40銭

3.利益確定と損切りを待つ

後は、経済指標発表を待ち、売りと買いのどちらに相場が動いたのかを確認し、各ポジションの利益確定と損切りを待つだけです。

【買いポジションのほうの決済】

【売りポジションのほうの決済】

まとめ

FX取引の際には、トレード時に為替相場を予想する必要があります。

為替相場を予想する際には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析などを行うのが一般的です。

将来的にFXトレードで勝つためには、このような相場予想を的確に行えるようになる必要があります。

 - FXの相場分析